HOME>アーカイブ>購入ではないので手軽な値段で利用することができるサービス

月額のレンタル料金を支払うと使える

携帯

電波が届くところであれば連絡の取り合いが出来るのが携帯電話のメリットですが、通常の場合だと携帯キャリアの企業と契約をして購入する必要があります。そんな形態をもっと手軽に使いたいという要望もあることで、携帯キャリアの企業は始めたのがレンタル携帯サービスです。レンタル携帯サービスは、携帯キャリアの企業の店舗もしくはネット予約においてレンタル携帯を使いたいと要望を出します。要望を出すと月額プランで利用月日を決めると、そのプランに指定されている料金と氏名と住所を記載することで好きな携帯電話の貸し出しをしてくれるのです。料金は通常の携帯と同じく月額終わりで一括支払いという形となりますが、好きな携帯電話を使うことができて好みのタイミングで返却も可能になります。

海外赴任をしている人にとって使いやすい

レンタル携帯サービスが始まった理由の一つが、グローバル社会が進行することによって国内の企業が海外に拠点を置くようになったからです。海外に拠点を置くということは、国内で働いていた従業員が異動で海外赴任するということはあります。国内で使うのと違い、国内の携帯を国外で使うと海外回線を使うことになり利用料金が割高になってしまいます。逆に海外で購入した形態を、日本国内で使うと同様のことが起きます。そこで海外赴任をしている人にとっても連絡手段の確保は大事なので、月額料金以上を支払う必要がないレンタル携帯は海外赴任者にとってうれしいサービスといえます。

運転資金の削減に使える

レンタル携帯サービスを利用する理由は海外赴任者の増加によるものが大きいのですが、もうひとつ理由として増えているのが新規企業の運転資金の削減です。ネットによる通信が主流になっているといっても、やはり直に連絡が取り合える電話は重要な連絡手段です。しかし固定電話の設置や専用の携帯電話を従業員分購入するのは、どうしても運転資金の負担が大きくなります。そこでレンタル携帯を利用することによって、月額プラン以上の料金を支払う必要がないので大量にレンタル契約をしても固定電話や携帯を購入するよりも運転資金を削減することができるのです。