HOME>記事一覧>家庭で一般電話を使わないのなら回線の売却を考えてみる

回線利用者は減っています

一般家庭で電話回線を引いている家が最近では少なくなっています。携帯電話やスマートフォンやネット回線を利用した電話ツールなどが普及した事もあり電話回線が不要となっている家庭が多くなっているからです。電話を引く場合、通常はNTTに連絡して回線を開通してもらいます。この際、開線費用として約7万円の費用をNTTに支払わなければなりません。スマートフォンや携帯電話で対応すれば開線費用を払う必要はありません。

回線を処分したい場合

電話回線を閉鎖する場合には数通りの方法がございます。一般的なのはNTTに連絡して回線を閉鎖することです。回線を閉鎖することで月々に支払わなければならない基本料金の支払いがストップします。単純にストップした場合は利益は生み出しません。

買取業者に依頼

利益をさらに生み出したい場合は、電話回線の買取を行っている業者に回線の買取をお願いする事がおすすめです。電話回線の売却に関する手続きは全て買取業者が行ってくれます。NTTへの対応もきちんと買取業者が行ってくれます。

回線費用の約半額

電話回線の買取を買取業者に依頼すれば基本的には開線費用の半額に近い3万円ぐらいで買取を行ってもらえます。業者によっては5万円の買取を行っている業者もいます。普段、一般電話を使用せず、回線を閉鎖したい方は買取業者に電話回線の買取をお願いする事がおすすめです。